15.09 兵隊さんのお墓

兵隊さんのお墓  2015.09

小学生の頃、毎年、お盆になると田舎へ墓参りに行った。昭和三十年代のことで、墓地には真新しい兵隊さんのお墓が並んでいた。当時の私は兵隊さんの階級に興味があった。

あれから半世紀が経ち、真新しかったお墓も周囲になじんできた。幼かったときには見逃していたが、お墓には戦死した年月日と場所が刻まれている。昭和十九年後半から二十年にかけてが大半で、戦没地はフィリピンが多い。昭和十九年、姫路第十師団が満州からルソン島に移り壊滅したためである。

昭和十九年六月のマリアナ沖海戦に敗北した後、制空権を喪失した日本軍はゲリラ戦に戦術を転換したので戦死者が急増し、やがて本土が空襲されて多くの市民が犠牲となった。最初のゲリラ戦となったのがペリリュー島の戦いで、今春、天皇が平和の祈りを捧げられた島である。

高校で日本史を担当していた頃、第二次世界大戦をどういう視点で教えるか考えたことがある。私が拠り所としたのは国際政治学者、高坂正尭の文章の一節であった。「中国への侵略開始以来、日本は泥沼にはまり始め・・自らの力ではそこから脱出できなくなっていた・・自らの運命を統御する能力を日本は失っていたのであり、相手が避けてくれなくては衝突する自動車のようなものであった」

戦争を避けることはできなかったのか、戦争に突入してしまったとしてもマリアナ沖海戦敗北以降の戦争継続に何の意味があったのか、など考えることは多い。戦後七十年を経て、私たちは「自らの運命を統御する能力」を身につけることができたのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする