矢野荘と相生市の関係

矢野と相生

相生の歴史について語るときには、「矢野」と「相生」という二つの地名の定義をしておく必要があります。

相生市のある地域は、奈良時代、風土記の頃は八野と表記されていました。やがて、秦河勝が鷹取峠から三濃山に矢を射たという伝承から、八野は矢野と表記されるようになり、平安末期に荘園「矢野荘やののしょう」が成立します。

1889年(M22)、大日本帝国憲法が発布され、市町村制が施行されました。このとき、現在の相生市の領域に四つの村が成立しました。このときの村を行政村といい、江戸時代の村を藩政村と呼びます。例えば、戦前の那波村は、那波・陸・池之内・佐方という四つの藩政村が合併してできた行政村です。

村制実施にあたり、矢野荘の北部四分の一の地域は、村名を「矢野村」としました。一方、かつて矢野荘の政所があった現在の若狭野も「矢野村」いう村名を考えていました。そのため、両村の間で村名をめぐる紛争が起こりましたが、結局、若狭野は浅野公の若狭野陣屋から村名をとって「若狭野村」となりました。こうして、明治時代から矢野という地名が矢野村の意味で使われるようになった結果、「矢野荘」は矢野村の領域にあり、相生おうや那波は矢野荘ではないという誤解が生じました。

相生「あいおい」と相生「おう」

地元の人は相生「あいおい」と相生「おう」を使い分けますが、市外の人には理解できない地名です。歴史的には「おう」という地名が先にあり、あとから領主が相生という文字を権力的に当てたために混乱が生じたものです。

相生東南部は大浦「おおうら」「おう」という地名でした。鎌倉時代、相模から地頭として赴任してきた海老名氏が、相模生まれから「相生」という文字を作り、「おう」に組み合わせ、「相生おう」という地名ができました。高砂市にある相生(あいおい)の松とは何の関係もありません。

「あいおい」という地名が広く使われるようになったのは、1940年頃です。町名は1939年(S14)に那波町と相生おう町が合併したときから相生あいおい町となり、駅名は1942年(S17)の市制施行とともに那波駅から相生あいおい駅に変更されました。ただし、小学校は明治時代から相生おう村立相生あいおい小学校であったようです。

相生電報電話局の沿革を記した資料では、相生に「オウ」「アイオイ」のルピがふってあります。それによると、1951年(S26)から「あいおい」と改称されたことがわかります。

沿革 明治30年5月1日 那波郵便電信局開設
明治44年2月1日 相生オウ郵便局電話業務開始
昭和26年4月1日 相生オウ郵便局の電話交換事務を直轄運営することとなり
那波電報局に吸収、相生アイオイ電報電話局と改称

播磨の都市のルーツは池田輝政

関ヶ原の戦いの後、播磨は池田輝政の領国となりました。池田輝政は、姫路城を築くとともに、三木・明石・高砂・龍野・赤穂・佐用(平福)に支城をおき、川と西国街道の交差点に宿場(加古川・正条・有年)をおきました。これに、輝政の死後に山崎藩が設置された山崎を加えますと、西播磨では、龍野・赤穂・佐用・山崎が池田姫路藩の統治拠点として整備されたことがわかります。東播磨では、池田姫路藩の時代は、明石と三木に支城がありましたが、池田家の鳥取転封後、三木城は廃城となり、南部に明石藩、北部に小野藩が設置されました。

1615年、大坂の陣で豊臣家が滅亡すると、幕府は一国一城令で、城郭は領国(藩)に一つに制限しました。3000あった城郭は170に整理されるとともに、城は領国の中心地の象徴になりました。播磨では、1617年に池田宗家が姫路から鳥取に移封され、中小の藩が各地に分立する形で、統治体制の骨格が決まりました。

姫路藩 本多家15万石    明石藩 小笠原家10万石
龍野藩 本多家5万石     赤穂藩 池田分家→浅野家5.3万石
平福藩 池田分家2.5万石   山崎藩 池田分家3.8万石
高砂城 一国一城令で破却・姫路藩が御用蔵をおく
三木城 一国一城令で破却  1642年 小野藩1万石が成立

江戸時代中期、米が2500万石、人口が2500万人でした。おおまかにいうと、10万石の藩の人口は10万人で、その1割、1万人が城下町に住んでいました。

20世紀、鉄道と良港を擁した相生が成長

1914年(T03)に発行された地図で、今から百年前の西播磨の様子がわかります。

この地図では、龍野町・赤穂町・山崎町に大きな市街地があり、網干町・佐用村・上郡村がそれに続いています。相生は地図では村ですが、1912年(M45)に最初の船渠が完成し、1913年(T02)に町制を施行しました。道路では、室津から正条に続く室津街道が、江戸時代のなごりをとどめています。

龍野・赤穂・佐用・山崎には郡役所・警察署・郵便局が設置されています。この四つの町は旧城下町で、明治時代にも地方行政機関がおかれました。では、どのような歴史的経緯でこの四カ所が城下町になり、大正時代にも一定の地位を保っているのか、また、相生は何故そうした経緯をたどらなかったのか、疑問に思って調べてみました。

1914年の地図を見ますと、西播磨では、安志・林田・新宮・三日月に小さな町があります。これらは、一万石程度の小大名の陣屋があった町ですが、平成の町村合併までに、旧城下町から出発した市と合併しました。また、室津・網干は商港として栄え、明治時代まで経済力を有した町でしたが、龍野市・姫路市と合併しています。

昭和20年代までに播磨で市制を敷いた都市は、姫路・明石・加古川・高砂・小野・三木・龍野・赤穂と相生・西脇ですが、このうち、相生・西脇を除く8市は池田姫路藩の拠点またはその後継地から出発した町です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする