浅野陣屋記念館設立に向けて

若狭野陣屋の現状

浅野赤穂藩の分家、旗本浅野隼人家の若狭野陣屋は3000平方米あります。北半分は御殿屋敷跡、南半分は札座を中心とした江戸時代後期の増設地域です。

1822年、旗本浅野家は藩札発行など家政改革に着手しました。札座はこの時期に建てられ、札奉行が政務をとりました。

明治に入り札座は若狭野地区の庵寺(法界庵)となり、戦後は公民館として使われてきました。近年、老朽化が進んで空き家となり、解体の危機に瀕しています。浅野陣屋保存ネットワークは、浅野陣屋の南半分の敷地と札座を受け継ぐ法人(浅野陣屋記念館)の設立をめざしています。

私たちは、旗本陣屋敷地すべてが残り、札座という建築物が現存している若狭野陣屋の歴史的価値・文化財的価値を高く評価しています。第一段階として、札座を改修し日本史を学ぶ研修センターを作ります。第二段階として、若狭野陣屋の南半分を整備します。そして、将来は、地域が保有する北半分の御殿屋敷跡の復興を地域と協力して成し遂げたいと考えています。

若狭野は日本史のすべてが揃うフィールド

若狭野陣屋は旗本浅野家領の西端にあります。この地域は、古代の赤穂郡飛鳥里、中世の皇室領矢野荘、近世の浅野赤穂藩領・旗本浅野家領です。古代の古墳・条里制、中世の荘園、近世の幕藩体制の遺構がすべて一か所で揃います。こうした地域は、全国を探しても、それほど多くはありません。しかも、秦河勝漂着を記す「風姿花伝」「明宿集」、矢野荘の記録を含む「東寺百合文書」、浅野家の記録「浅野隼人家文書」と一級のエビデンスが人々の動きを語りかけます。

左が北で中国山地、右が南で瀬戸内海です。若狭野陣屋は浅野赤穂藩領の中心部にあります。若狭野陣屋を通り、ツーリズムのルートを設定してみました。

① 秦河勝の足跡をたどる

三濃山求福教寺→瓜生羅漢→下土井大避神社→若狭野陣屋→坂越大避神社

② 浅野赤穂藩の史跡をたどる

若狭野陣屋→高雄山神護寺→坂越浦会所→赤穂城と大石神社

③ 矢野荘から相生市へ

相生市は荘園がそのまま工業都市になった珍しい小都市です

民間企業のビジネスとしてツーリズムを

若狭野陣屋は行政によって歴史的価値・文化財的価値を認められることなく、地域の人々によって守られてきました。浅野陣屋保存ネットワークは、札座の改修、陣屋の復興を民間企業のビジネスとして展開する計画を立てています。

民間企業として利益を生み出しながら、若狭野陣屋の復興を実施できるのか?一年間にわたり、私たちは考え続けてきました。そして、ツーリズム事業と教育事業を二本柱にソーシャルエンタープライズ「浅野陣屋記念館」の設立をめざすことに決定しました。

教育事業は「一泊二日で日本史のすべてを体感する 飛鳥里・矢野荘・赤穂藩の旅」と「浅野陣屋記念館を運営する探究的な学習」の二つのコンテンツで構成されます。『文化財を保存・活用し、新たなツーリズムを創造する』ことを事業目的とする法人「浅野陣屋記念館」への投資をお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする