荘園都市あいおい

荘園都市あいおい

東寺量矢野荘

あいおいは中世の荘園「皇室領矢野荘」と同じ領域に存在しています。私たちは、荘園の遺構と新幹線が共存する地域を荘園都市と名づけました。

院政期の1137年、鳥羽上皇の皇后美福門院は、皇室領矢野荘を成立させました。南北朝から室町時代、矢野荘は東寺領となり、矢野荘の記録は東寺百合文書として今に伝えられています。旗本浅野家の所領若狭野は、矢野荘の中心部にあります。浅野陣屋から東に歩くと、荘園公領制から幕藩体制への移り変わりを見ることができます。

矢野荘から相生市へ

美福門院が成立させた矢野荘は、皇室が保有する八条院領の中心的な荘園でした。
鎌倉時代になると、地頭の海老名氏が赴任し、1315年、後宇多上皇から東寺に寄進されます。後宇多上皇は後醍醐天皇即位実現のため、東寺の支援を必要としていたのです。

江戸時代、矢野荘は浅野赤穂藩領になります。初代赤穂藩主浅野長直は、娘の産んだ浅野長恒を分家とするように取りはからい、若狭野三千石を所領としました。忠臣蔵で知られる赤穂藩改易の後も、旗本浅野家は幕末まで存続し、矢野荘の北部は幕府領、中部は旗本浅野家、南部は森赤穂藩領になります。

大正時代から、南部が播磨造船所を中心に工業都市となり、造船所の求心力で矢野荘は再統合されて相生市が成立します。北部は上郡や龍野との結びつきがあり、農村地域として荘園時代や旗本領時代の風景を残しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする