藤原道長 望月の歌 この世をばわが世とぞ思ふ

藤原道長は一条天皇に彰子を入内させ、後一条天皇の外祖父として権力を確立します。太皇太后・皇太后・皇后を一家で独占し、「この世をば、我が世とぞ思ふ・・」と詠んだ藤原道長の系図を見ていきます。

道長は御堂関白記に「この世をば・・」の歌を書き残しませんでした。望月の歌を後世に伝えたのは藤原実資の小右記です。本人ではなく道長に批判的であった実資が書き残した理由を、研究者が語ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加