浅野陣屋記念館株式会社設立へ

浅野陣屋は旗本陣屋です。敷地はすべて残り、役所であった札座という歴史的建造物が現存しています。浅野隼人家文書が発見され、忠臣蔵という話題性があります。これだけの条件に恵まれた浅野陣屋は、日本有数の旗本陣屋です。

しかし、行政は浅野陣屋の歴史的価値を認識できず、史跡や文化財として保護してきませんでした。江戸時代に建築された札座は日々老朽化が進行しています。

私たちは純粋な民間事業で札座を修復し、歴史ツーリズムの拠点として活用することにしました。故郷の文化財保存を事業目的とするソーシャル・エンタープライズです。

来年4月、浅野陣屋プロジェクトを具体的に推進する二つの法人を作ります。

法人A 浅野陣屋の南部および札座を管理する株式会社
札座は改修して浅野陣屋記念館ホールになります

法人B 浅野陣屋記念館ホールを活用する株式会社
歴史学習事業・ツーリズム事業を行います

団体C 浅野陣屋保存ネットワーク
プロジェクトの母体として活動を続けます
法人ABが提供するサービスを購入します
購入費が会費の代わりになります

詳細は学習会で説明します

学習会1 浅野陣屋記念館設立に向けて
12月 9日(土) 15時30分 相生なぎさホール
12月16日(土)  15時30分 赤穂ハーモニーホール

———————————————————————-

浅野陣屋を保存し活用するにはどうすれば良いのか?
自ら課題を設定し、自ら模索しながら解決を図る
これこそ、生きた探究学習です
2020年度大学入試改革に向けて、中学生・高校生の皆さんに探究学習の場を提供します
このプロジェクトの価値がわかる人の参加を待っています

学習会2 浅野陣屋で探究学習をしよう
12月 9日(土) 13時30分 相生なぎさホール
12月16日(土)  13時30分 赤穂ハーモニーホール

————————————————————————-

12月2日、朝日新聞はりま版に
「保存活用 会社組織で  若狭野浅野家の陣屋跡」
という記事で紹介されました

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする